腰痛

何回もくり返す腰痛の真実。内臓が関係していた!?

腰痛になることがよくある

ギックリ腰がクセになっている

こういったお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、何回もくり返す腰痛を解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、初めて来られた患者さんから「腰痛を何回もくり返しているんです…」と相談がありました。

詳しく聞いてみると、半年に1回のペースでギックリ腰になっているとのことでした。

身体の状態を確かめてみたところ、原因は腰ではなく内臓にありました。

今回は、何回もくり返す腰痛の原因と、対策するストレッチをお伝えします。

話の内容はこちら

①腰痛と内臓の関係
②内臓を硬くしてしまう食べ物
③腰痛をくり返さない内臓のセルフケア

それでは話を進めましょう。 

 

①腰痛と内臓の関係

なんで、内臓と腰痛が関係あるの!? と思いますよね。

しかし、腰痛の50%以上の方に内臓の歪みがあります。

この内臓は、膜というものに包まれています。

最近では耳にするようになった筋膜と同じようなものです。

筋膜は筋肉を包んでいる膜ですが、内臓も膜に包まれているんですね。

この膜というものが、途切れることなく全身に繋がっています。

そして、内臓の膜が硬くなると、腰が前側に引っ張られてしまうことによって、反るような姿勢になってしまうんですね。

このような姿勢になってしまうと、腰の骨が縦に潰れるような姿勢になってしまうことで、痛みがでるようになります。

しかし、腰の筋肉をマッサージしたり、ストレッチをしても、症状が根本から良くなるのが難しいんです。

こういった場合は、内臓の膜の動きを良くすることで腰が引っ張られない状態になり、痛みを解消することができます。

内臓の動きは、食べ物の影響を大きく受けます。まずは、食べ物から内臓の動きを良くする方法をお伝えします。 

 

②内臓を硬くしてしまう食べ物

内臓の動きを硬くしてしまう食べ物が2つあります。

それが

糖質

乳製品 

 

1.糖質

糖質には2種類あります。それが

直接糖

間接糖 

 

直接糖は砂糖そのもののことで、関接糖は体内で分解を重ねて糖になるもののことです。

この2つの中でも、直接糖は、人間の血糖値を急激に上げる働きがあります。

さらに血液をドロドロにしてしまう働きがあることで、内臓周りの血流が悪くなり、硬くなってしまいます。

砂糖の含まれる食べ物、お菓子やジュースなどが、この直接糖に当たります。

特に腰痛のある間は、甘い食べ物や飲み物を控えるようにするだけで、内臓への負担が軽くなります。 

 

2.乳製品

牛乳やバター、チーズなどですね。

これらの食品は日本人の体質に合っていない場合があります。

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)と呼ばれ、栄養が腸に吸収されないだけでなく、腸の動きまで硬くすることがあるのです。

こちらは体質によるものですが、乳製品を良く摂って腰痛がある方は、内臓の動きが硬くなっていることが少なくありません。

ですので、摂取する量を少し控えるだけでも、内蔵の負担を軽くすることができます。

これらの2つの食品に加えて大切なのは、水分をよく摂ることと、食べ物を良く噛むことです。

どちらも、消化や栄養の吸収を助ける働きがあります。 

 

これらを取り組んで、内蔵の動きを良くするセルフケアを行うことで、腰痛を解消することができます。

それでは、セルフケアを解説しますね。 

 

③腰痛をくり返さない内臓のセルフケア

セルフケアでは、内臓の周りにある膜の動きを良くするようにしていきます。

動画で詳しく解説していますので、参考にしてください。

↓(セルフケアは動画の3分11秒〜)

こちらのセルフケアは1日2回。朝と晩の1回ずつ行ってくださいね。 

 

まとめ

何回もくり返す腰痛の原因が内臓にある理由を解説しました。

内臓の負担を軽くするためには

糖質(直接糖)や、乳製品をなるべく控えるようにしてみてください。

さらに内臓周りにあるを緩めるセルフケアを解説しました。

これらの対策を続けても、何回もくり返す腰痛が解消されない場合は、内臓だけでなく、他にも身体の歪みが関係していることが考えられます。

お悩みの方は、当院のLINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-腰痛
-

© 2022 ユーカリ整体院