頭痛

目の奥が痛い頭痛…3分でできるツボ押しセルフケア

目の奥が痛い

頭痛が頻繁に起きる

こういったお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、目の奥が痛くなる頭痛を解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。 

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、当院に来院されている患者さんから、「目の奥が痛くなって、家事もできないようになります」というお悩みの相談がありました。

詳しく聞いてみると、日常的に頭痛があり、まれにこのような症状が出てしまうとのことでした。

こういった悩みが続いているとつらいですよね…

大丈夫ですよ。一緒に解決していきましょう!

話の内容はこちら

①目の奥が痛くなる頭痛の正体
②目の奥が軽くなる2つの方法
③目の奥がスッキリ! セルフケア3選

それでは話を進めますね。 

 

①目の奥が痛くなる頭痛の正体

目の奥が痛い

こういった悩みをすぐに解決したいですよね。

まずは、目の奥が痛くなる頭痛の正体について解説します。

目の奥が痛くなるのは、頭蓋骨の中心にある蝶形骨(ちょうけいこつ)の傾きが関係します。

蝶形骨は、文字通り蝶のような形をしている骨で、目の神経の通り道であり、身体のバランスを保つ働きがあります。

こちらの骨が、硬くなった筋肉に引っ張られたりすることで、本来の位置から傾いてしまうのです。

そして、蝶形骨が傾くことによって、頭全体の筋肉や皮膚が硬くなることで痛みが出るようになります。

頭痛が起きるパターンとしては

血流が悪くなっている
血流が良くなりすぎている

という2のことがありますが、今回の目の奥が痛くなる場合は、血流が悪くなってしまっていることが考えられます。

ですので、血流を良くすることが必要になります。

しかし、ホースが曲がっていると水が流れにくいのと同じように、まずは、血流を良くするための状態にする必要があります。

そのために、姿勢を整えることから始めてみましょう。 

 

②目の奥が軽くなる2つの方法

姿勢が丸くなっていると、背中や肩の筋肉が硬くなります。

そうすると、頭の筋肉や皮膚まで引っ張られてしまうことによって、頭痛の引き金になってしまうのです。

こちらを解消する方法です。 

 

姿勢が丸くなっている時には、肩が内側に巻き込むことで、肩甲骨が外側に開いてしまいます。

ですので、左右ある肩甲骨を内側に引き寄せる必要があります。

まずは、手のひらを天井方向に向けます。その後に、両方の肘を近づけるように動かします。

そうすると、外側に開いてしまった肩甲骨を内側に引き寄せることができます。

結果、姿勢が伸びやすくなるのです。

こちらを、休憩時間や家事の合間に、10秒ほど試してみてください。

姿勢が伸びやすくなることで、血流が良くなりやすい状態にすることができます。 

 

続いて大切なのが

目の周りを温めること 

今回キーポイントとなる蝶形骨は、目の神経の通り道でもあります。

目の周りにある血流を良くすることで、蝶形骨を動きやすい状態にすることができます。

ですので、ホットタオルや、アイマスクを目につけることを試してみてください。

もしも出先で、このようなことができない場合は、自分の手のひらを目に当てるだけで大丈夫です。

手のひらの温もりで、血流を良くすることができるからです。

ぜひ、お試しください。

続いては、3つのセルフケアで、目の奥をスッキリさせる方法です。

一緒に試してみましょう! 

 

③目の奥がスッキリ! セルフケア3選

それではセルフケアです。

セルフケアでは

傾いた蝶形骨を元の位置に戻す

硬くなった周りの筋肉を緩める

姿勢を伸びやすくする

という3つのことを取り組みます。

セルフケアは動画で詳しく解説しています。動画を見ながら試してみてください。

↓(セルフケアは動画の3分4秒〜)

こちらのセルフケアは、1日2回。朝と晩の1回ずつ行ってくださいね。

ぜひ、お試しください。

 

まとめ

目の奥が痛くなる頭痛の正体は、頭蓋骨の中心にある“蝶形骨の傾き”が関係しているということでした。

姿勢を整えて、目の周りにある血流を良くした上で、セルフケアを試しましたね。

セルフケアでは

傾いた蝶形骨を元の位置に戻す

硬くなった周りの筋肉を緩める

姿勢を伸びやすくする

ということを目的に行いました。

これらの対策を続けても、目の奥が痛くなる頭痛が解消されない場合は、他にも存在する身体の歪みの影響で、蝶形骨の傾きがでている可能性があります。

お悩みの方は、当院のLINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-頭痛
-

© 2022 ユーカリ整体院