足の痛み

走ると左側の太ももの裏側が痛い! 根本的に解決するストレッチの秘密

太ももの裏側が痛い

お尻の付け根が痛む

こういったお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、太ももの裏側の痛みを解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。 

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、患者さんから、「左側の太ももの裏側、付け根が痛くなるんです…」と、お悩みの相談がありました。

詳しく聞いてみると、以前までは股関節が痛かったらしく、痛む場所が変化しているということでした。

その方はランニングやウォーキングと健康に気を遣われていたので、なんとか治したい!ということを教えてくださりました。

こういった不調を早くに解決して、毎日を快適に過ごしたいですよね。

話の内容はこちら

①太ももが痛くなってしまう本当の原因
②根本的に解決するための方法とは
③すぐに楽になる! 部位別ストレッチ

それでは話を進めますね。 

 

①太ももが痛くなってしまう本当の原因

太ももの裏側、付け根が痛

では、なぜこのような痛みがでるのかを解説します。

太ももの裏側が痛くなるのは、単に筋肉が硬くなっているだけではありません。

筋肉に負担がかかりやすい姿勢が関係します。

ではどのような姿勢が太ももの筋肉に負担をかけてしまっているかなのですが、反り腰になってしまっているケースが影響します。

反り腰というのは、下腹が前に突き出たような姿勢になり、腰が反ってしまっている状態のことを言います。

例えば、弓矢を想像してください。

矢を引くときには弓がしなり、弦(つる)と呼ばれる部分は絶えず引っ張られますよね。

これと同じような状態が太ももの裏側の筋肉に起きています。

ですので、筋肉をストレッチをして柔らかくしても、なかなか痛みが解消されなくなるのです。

こういったことを解消するためには、反り腰を改善して、負担のかかった筋肉を緩める必要があります。

まずは、反り腰を根本的に解決しましょう。 

 

②根本的に解決するための方法とは

太ももの裏側が痛くなる反り腰を解決するための方法です。

この場合、反り腰になってしまうのは内臓の動きが関係します。

内臓の周りには筋肉のような膜で包まれています。こちらが硬くなってしまうことで、腰を前側に引っ張るようになります。

特に関係するのが腎臓です。

腎臓は、高さが腰の位置にあり、腰骨よりも少し前にある、左右で対になっている臓器です。

主に、身体の水分量を調整する働きがあります。

ですので、身体の水分量が低下したときに、腎臓に負担がかかってしまうのです。

腎臓が硬くなる原因は大きく分けて3つあります。 

 

1.水分量の低下

人間の身体のほとんどは水分でできています。それほど大切だということです。

1日の摂取量の目安は、自分の体重に0.03をかけた数字です。

例えば、体重が50kgであれば

50×0.03=1.5

1日におよそ1.5ℓ必要になるということです。

ただし、カフェインやアルコールは利尿作用といって、摂取しても身体の水分が外に出てしまうので、ミネラルウォーターなどで摂ることをおすすめします。 

 

2.塩分を控える

塩分を摂りすぎてしまうと、塩分が水分を吸収してしまうため、身体の水分不足に陥ってしまいます。

ほら、ラーメンを食べた後にやたらと喉が渇きませんか?あれも、塩分に身体の水分が取られているということです。

塩分を控えめにして、身体の水分量を維持するようにしてみてくださいね。 

 

3.不安や焦燥

昔から東洋医学では、臓器が感情とリンクすると考えられています。

今回の腎臓は、不安の気持ちが高まることで、硬さに影響することがあるのです。

気持ちを整理するために、白紙のノートに自分の気持ちを書き出してみてください。

そうすると、気持ちが整理されることで、不安な気持ちも楽になっていきます。 

 

以上の3つが腎臓の硬さに影響するということでした。

これらを試した上でストレッチを行うことで、太ももの裏側の痛みを解消することができます。

一緒に解決しましょう! 

 

③すぐに楽になる! 部位別ストレッチ

今回行うストレッチでは

反り腰を改善するために腎臓を柔らかくする

負担のかかった筋肉を部位別にストレッチする

ということを目的に行います。

ストレッチは動画で詳しく解説しています。動画を見ながら試してみてください。

↓(ストレッチは動画の3分31秒〜)

お伝えしたストレッチは1日2回。朝と晩の1回ずつ行ってくださいね。

そうすると、姿勢を整えて根本的に痛みを解消することができます。

ぜひ、お試しください。 

 

まとめ

太ももの裏側の痛みの原因は、反り腰になることで筋肉に負担がかかってしまうということでした。

反り腰を改善するためには、原因となる腎臓を緩めることが大切になります。

こちらは

水分を積極的に摂取する

塩分をなるべく控える

不安な気持ちを書き出す

という3つのことを行ってくださいね。

さらに、反り腰の姿勢から負担のかかった筋肉を緩めるストレッチを解説しました。

これらの対策を続けても、太ももの裏側の痛みが解決されない場合は、他にも原因となっている身体の歪みがある可能性があります。

お悩みの方は、当院LINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-足の痛み
-

© 2022 ユーカリ整体院