肩こり

肩こりが原因で起きる立ちくらみを今すぐ解決する方法

立ちくらみが頻繁に起きる

肩こりが慢性的にある

こういったお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、肩こりからくる立ちくらみを解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、患者さんから「立ちくらみが頻繁に起きるんです…」と、お悩みの相談がありました。

詳しく聞いてみると、「肩こりも酷いのですが、関係ありますか?」という質問をいただきました。

立ちくらみが頻繁に起きるのは心配になりますよね。

そして、仰っていただいたように、肩こりが原因で立ちくらみが起きることもあります。

今回のブログで解決できる方法をまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

話の内容はこちら

①立ちくらみと肩こりの関係
②どうして肩こりになるの?
③脳まで血液がドバドバ流れるセルフケア

それでは話を進めますね。 

 

①立ちくらみと肩こりの関係

立ちくらみは、脳にある血液の流れが関係しています。

この血液というのは全身を巡っていて、栄養や酸素などを含んでいるのですが、脳に血液がうまく回らなくなることで立ちくらみが起きます。

また、立ち上がった瞬間に急激に血液の流れが減少する結果、立ちくらみが起きることもあります。

ですので、脳までスムーズに血液を流してあげることが必要になります。

例えば、庭で水撒きをされたことはないでしょうか?

あの水撒きをするときのホースですが、折れ曲がっていたり、誰かに踏まれていたりすると、水の流れが弱くなってしまいますよね。

これは人間の血液も同じなんです。

血液は血管というホースの中を流れているのですが、この血管を締めつけてしまう原因があります。

それが肩こりなんです。

肩こりが起きることによって、脳まで届く血管を締めつけてしまうことになります。

それによって脳が血液不足に陥って、立ちくらみが起きやすい状態になってしまうのです。

では、どうして肩こりになってしまうのか、詳しく解説していきますね。 

 

②どうして肩こりになるの?

肩こりは筋肉がカチカチに固まってしまっている状態です。

例えば、仕事でどうしても座りっぱなしにならないといけない。

または、家事で同じ体勢になることを余儀なくされる。

そのような結果、筋肉が動きにくい状態となり、血液がスムーズに流れないということになります。

例えば、粘土はしばらく放置して乾燥するとカチカチに硬くなりませんか?

しかし、粘土をこねて動かしたり、水を含んであげると柔らかくなっていきます。

これは人間の身体でも同じことなんですよね。

人間の血液は全身に流れていて、酸素などの栄養を運んでいるのですが、身体の中で血液がスムーズに流れにくくしてしまう原因があります。

それが、身体のゆがみです。

つまり、この身体のゆがみを取り除き、カチカチになった筋肉に血液を流れやすい状態にすることで、肩こりを解消することができるのです。

これが簡単に解決できるセルフケアがありますので、一緒に試してみましょう。 

 

③脳まで血液がドバドバ流れるセルフケア

セルフケアでは、ゆがみによる筋肉バランスを整えて、肩こりを解消するということを目的に行います。

動画を見ながら一緒に試してみてください。

↓(セルフケアは動画の2分27秒〜) 

 

 

まとめ

肩こりが原因で起きる立ちくらみについて解説しました。

立ちくらみが起きるのは、肩こりによって脳に血液がうまく回らなくなるからでしたね。

これを解決するためのセルフケアを一緒に行いました。

これらの対策を続けても、肩こりが原因で起きる立ちくらみが解決されない場合は、肩以外にも身体のゆがみが関係している可能性があります。

お悩みの方は、当院LINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-肩こり
-,

© 2022 ユーカリ整体院