足の痛み

急に膝が痛くなった場合の原因と対処法

急に膝が痛くなった。体をぶつけたり捻ったりした訳でもなく..

なんだかちょっと腫れているような気がする..

整形に行った方が良いのかな?整体に行った方が良いのかな?このような悩みを持っているのはとても辛いことですよね..

今回のブログはこういった悩みをもっている方の参考になればと思って書いております。

是非最後まで読んでみてください。

皆さんこんにちは。何だか年末年始で急に冷え込んできましたね..体が冷え込んでくると不調が出やすくなってきますよね。最近は膝の痛みを訴える方が多いので、参考になる記事にしたいと思っています。

話の構成は

①何故膝が痛くなるのか・何故膝を曲げると音がなるのか
②膝の痛みを改善するためのエクササイズ

です。それでは話を進めましょう。

①何故膝が痛くなるのか・何故膝を曲げると音がなるのか

急に膝が痛くなると「これは骨がおかしくなったのではないか?」と不安になりますよね。

誰しもが不安や疑問を持っておられるものです。急に膝が痛くなった原因で考えられるのは

 

・体重が増えた

・筋肉が硬くなっている

です。まずは

☑体重が増えた

実は体重が増えることによって膝には大きな負担がかかっています。体重が1kg増えると、そのまま膝に1kg乗る訳ではありません。

体重が1kg増えると平地では34倍、階段の昇降で67倍かかると言われています。

例えば2kg増えたとすると平地では6kg8kg、階段の昇降では12kg14kgの負担が膝に乗っているんです。

こう考えるとゾッとしますよね。

この膝にかかる負担によって関節がポキポキなりやすくなります。ポキポキとなる現象の正体は、関節に圧迫がかかることによって、関節を滑らかに動かすための液体内の気泡が弾ける音です。

体重が増えたとしても、筋肉でしっかりと支えることが出来ていれば、痛みがでることも少なくなりますし、歪みを調整すればポキポキという音は出なくなります。

しかし膝に負荷が多く乗り過ぎてしまうと、膝が腫れる場合もあります。

理由は負荷によって膝関節に圧迫される力が働くことによって患部が少し熱くなり、この熱くなったものを修復するために体の液体が関節に集まるためです。

あまりにも腫れが酷い場合は関節のクッションの役割がある半月板(はんげつばん)という軟骨を痛めている場合があるので、整形外科にてレントゲンを撮ってもらうことをオススメします。

もし、大きく腫れたりしているものでなければ食生活の見直しや運動習慣の見直しによって改善出来ます。

それでも改善しないのであれば体の歪みが原因で痛みが出ている可能性がありますので、整体で歪みを調整することをオススメします。次に

☑筋肉が硬くなっている

膝周りの筋肉が硬くなることによって痛みが発生しやすくなることがあります。普段から運動する習慣やストレッチ・エクササイズをする習慣はありますか?これからエクササイズを紹介しますので参考にしてみてください。

②膝の痛みを改善するためのエクササイズ

膝の痛みを軽減するためのエクササイズを紹介します。しかし

 

・患部が腫れている場合

・患部が熱くなっている場合

は痛みがきつくなる可能性がありますので控えるようにしてください。まずは太もも裏をトレーニングする方法です。

両肘を地面につき、体の前面を天井方向に向けて骨盤を持ち上げます。その際に体を一本の棒のようにセットして太もも裏を意識します。この状態を30秒キープするようにしましょう。

そうすることで膝を支える太もも裏の筋肉をトレーニングすることが出来ます。次に

骨盤エクササイズとして紹介していますが、こちらは太ももの前側の筋肉を鍛えることが出来ます。イスに座り込むようにスクワットをするようにします。

もし、しゃがんだ時に痛みが出るのであれば、しゃがむ角度を浅くするようにしてみてください。

極端に筋肉が落ちているのであれば、このようなトレーニングをする前に30分のウォーキング等で筋肉を慣らして、ある程度筋肉をつける必要があります。

ご自身の体の状態を確認してからトレーニングを選択するようにしてみてください。

最後はトレーニングではなく、ストレッチです。

こちらは膝周りの筋肉の効果的なストレッチです。ベッドに手をつき、お腹〜股関節を伸ばすような意識で伸ばします。(30秒)

大きく腰を反らしますので、痛みのきつい腰痛や、ヘルニアなどを持っている方は痛みがきつくなることがあるので難しいと思います。まずは軽めのストレッチから行うようにしましょう。

Instagramでは様々なエクササイズやストレッチを解説しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

https://www.instagram.com/eucalyosteopathy

これらを試しても痛みが改善しない場合は当院の施術がお役に立てると思います。お気軽にご相談下さい。 

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-足の痛み
-

© 2021 ユーカリオステオパシー