内科系症状

黄砂やPM2.5による胃のむかつきと胃痛の治療

朝起きたら胃がムカムカする..

胃が痛い時がある..

こういった症状はありませんか?

もし、こういった症状が整体で改善するのであれば、早く治したいものですよね。

現代は環境問題によって身体がどんどん変わってきています。

ここ最近は特に多く、月に10例以上、施術でみさせていただいている症状になります。

胃の調子が良くない方には参考になるブログになっております。

是非最後までご覧ください。

皆さんこんにちは。

覚えていますか?

3月頃に黄砂やPM2.5が多く飛んでいたことを..

その時には胃の調子が良くない方が沢山おられました。

そして5月。

再び黄砂やPM2.5が飛んでいるように感じます。

当院に置いてある空気清浄機はPM2.5まで感知し、除去してくれるのですが、窓を換気している影響もあるためか、いつもより多く反応しています。

この時期は患者さんの身体に、ある歪みの共通点がありました。

今回は臨床での気付きをブログにまとめております。

話の構成はこちら

①胃痛や胃液が上がってくる症状はどうして起こるのか
②黄砂とPM2.5と胃痛の関係
③胃の症状を緩和させる対策

それでは話を進めましょう。

①胃痛や胃液が上がってくる症状はどうして起こるのか

最近多い胃痛や胃液が上がってくる症状。

なぜ、このような症状で不快感を感じているかというと〝胃液〟が大きく関係します。

特に胃液に含まれる胃酸が原因となっていることが考えられます。

胃酸は文字通り酸性の液体で、食べ物と一緒に入ってきたウイルス菌から、腸への侵入を防ぐ役割があります。

もちろんこの酸性の液体は胃の中で働くには問題ありません。

しかし、胃に繋がる食道には胃酸に対する防御が出来ない構造になっています。

この胃液があがってくる症状を逆流性食道炎と呼びます。食道に胃液による炎症が起きているということです。

しかし中には、食道に炎症反応があるにも関わらず無症状である無症候性逆流性食道炎と呼ばれるものもあります。

今、症状が出ていなかったとしても、身体は悲鳴を上げているのかもしれません。

ではこういった症状と環境問題にはどのような関係があるのでしょうか。

②黄砂とPM2.5と胃痛の関係

黄砂は血管を通過し、血管に炎症反応を及ぼす危険性があり、春先の2月〜5月に多く飛沫すると言われております。

この時期に飛ぶ黄砂によって

花粉症が強くでる(アレルギー反応)

呼吸器系の症状(喘息や気管支炎など)

肌への影響(アトピー性皮膚炎など)

循環器への影響(脳梗塞や心筋梗塞など)

これらは環境省の研究でも発表されている内容になります☟

http://www.env.go.jp/chemi/%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%80%8C%E9%BB%84%E7%A0%82%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%8D%E5%B0%8F%E5%86%8A%E5%AD%90.pdf

この黄砂が飛沫する時に脳梗塞や心筋梗塞などの症状が増えるのは関係があると言えます。

血管を通過し、炎症反応を起こすことで、心臓には多くの負担がかかっていることが分かっているのですが、春先に患者さんの身体の歪みをみたときには心臓から出ている血管に歪みのある方が多くおられました。

そんな時に「胃の調子は悪くありませんか?」と尋ねてみたところ、多くの方が症状をお持ちでした。

施術後は胃の調子が良くなったと仰られていたので良かったのですが、この心臓からでている血管が硬くなることによって、胃が頭側に引っ張られる歪みがありました。

胃が頭側に引っ張られることにより、胃液が食道の方に上がってきてしまっていたのではないかと考えています。

それではどのような対策を取れば、こういった症状から身体を守ることができるか解説しますね。

③胃の症状を緩和させる対策

心臓の血管が硬くなることによって胃を引っ張り上げ、胃液が上がりやすい状態になっていたという話をしました。

ここで対策するのは胃に対してではなく、心臓に対しての対策になります。

心臓というのは電気信号を送っている臓器でもあります。

その電気信号が乱れると心臓の動きに影響します。

電気信号の乱れる原因が電磁波

ほら、電子レンジもそうですよね。電子レンジを使用している間は目には見えない電磁波がでています。

そんな時にWiFiを使って動画をみていると、電波が遮られ、動画が一時的に見れなくなるなんて経験はありませんか?

電磁波は目に見えていないだけで、周辺の電波や、身体においては心臓の電気信号まで影響を及ぼします。

パソコンやスマホなども電磁波を出している電子機器です。

長時間パソコンやスマホなどに向き合っていませんか?

電磁波が恐ろしいのは、すぐに症状として出ないことです。

身体の中に蓄積され、自覚症状としてもなかなか気付きにくいという特徴があります。

でもパソコンやスマホなどは現代に欠かせないものですよね。

そこで対策するのが身体の中から電磁波を取り除くアーシングという方法です。

アーシングとは〝アースをとる〟という意味です。

アース=Earth=地球

実は大地が電磁波を吸ってくれるんです。

大地に電磁波を吸収してもらおうと思えば、裸足で地面に触れる必要があります。

しかし、現代では舗装された道路、靴下、靴などによって地面に触る習慣がなくなってしまいました。

子供でも今では泥んこ遊びをしなくなっていると聞きます。

定期的に地面に触れる習慣を作ると、電磁波に溢れる身体を助けることができます。

詳しくはこちらの書籍が参考になると思います。是非一読ください☟

不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!

https://www.amazon.co.jp/dp/4864713049/ref=cm_sw_r_cp_api_glt_i_8WH9HHRAHEXQT82X8EMK

なかなか地面に触れる時間も場所もないという方には自宅でできるアーシングのキットなども販売されております。

他にも大地だけでなく、植物も電磁波を吸収してくれるという研究結果があります。

自宅に観葉植物などがあるのであれば、20分〜30分触れて、身体から電磁波を取り除くという手段もあります。

是非お試しください。 

 

このような電磁波対策をしても胃の調子が戻らない場合は、心臓や胃などの動きが硬くなっている可能性があります。

最初にもお伝えしましたが、当院は月に10例ほど、この症状と向き合っております。

ご相談の上で、施術を受けていただくことで早く回復することができます。

こちらからお気軽にご相談ください☟

https://lin.ee/g4N3M4t

快適な毎日を過ごせるように、出来ることから試してみてください。 

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-内科系症状
-

© 2021 ユーカリオステオパシー