肩こり

朝起きたら肩がこる方におすすめ!簡単枕の作り方

朝起きたら肩がこっている

朝起きた時に首が痛い

こういった悩みはありませんか?

この度のブログが参考になりましたら幸いです。

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

今回は朝起きた時に肩がこる、首が痛いといった悩みを解決するためのブログとなっております。

このブログを書いたきっかけなんですけども、患者さんから「朝起きた時に肩がこるんです…」とお悩みの相談がありました。

1日が肩こりで始まるのはつらいことですよね。

大丈夫ですよ。一緒に解決していきましょう!

話の内容はこちら

①なぜ朝から肩がこるのか
②肩こり知らず!バスタオルでできる枕の作り方
③寝る前に行う肩こり解消ストレッチ

それでは話を進めましょう。 

 

①なぜ朝から肩がこるのか

それでは朝起きた時に肩がこる理由についてお話しします。

寝る前は肩こりがなかったのに、朝起きてから肩がこるというのは、枕が合っていない可能性があります。

筋肉というのはゴムのように伸び縮みします。

身体を動かさなくなったり、血流が悪くなることで肩がこりやすくなります。

例えば粘土を想像してください。

しばらく放置していた粘土は乾燥して固くなってしまいますよね。

この粘土を柔らかくするためには、粘土に水を含ませたり、伸ばしたりすることで柔らかくなります。

筋肉も粘土と同じなんですよね。

筋肉が固まらないようにする働きの1つが寝返りです。

寝返りは無意識で行っていることなので、意識して行うことはできません。

寝返りができる環境にすることが大切です。

しかし「枕が合わない」ということがあります。

お悩みの方は色んな枕を試されたのではないでしょうか。

今回は0円で試せる枕の作り方をお伝えします。 

 

②肩こり知らず!バスタオルでできる枕の作り方

バスタオルを使ってできる枕の作り方を解説します。

まずはバスタオル2枚と輪ゴムを2つ用意してください↓

バスタオルを2回折ります↓

その後クルクルと丸めていきます↓

そうすると、このような形になります。

もう1つのバスタオルも同じように丸めてください。

丸めたバスタオルが2つできたら繋ぎ合わせます↓

離れないように輪ゴムで両端を固定しましょう↓

これで簡単枕の完成です。

このくぼんでいる部分に頭をのせて寝るようにしてください。

そうすると丸まったバスタオルが首にフィットして安定します。

このバスタオル枕は、合う方と合わない方がいます。

首にフィットして枕が合っていても、朝起きた時に痛みや違和感が出る場合もあります。

まずは1週間試してみてください。 

 

③寝る前に行う肩こり解消ストレッチ

それでは、バスタオルを使ったストレッチをご紹介します。

先ほど、丸めたバスタオルを2つ作りましたね。

ストレッチでは丸めたバスタオルを1つ使います。

動画で詳しく解説しておりますので、こちらを参考にしてみてください。

↓(ストレッチは動画の2分34秒〜) 

肩を回したときに痛みがでる場合は、回す円を小さくして痛みがでないように注意してくださいね。

是非お試しください。 

 

まとめ

朝起きたら肩がこる原因は、枕が合っていない可能性があるということでした。

色々な枕を試された方も、まずは紹介したバスタオル枕を試してみてください。

さらに、バスタオルを使った肩のストレッチを試していただくことで、肩こりを解消することができます。

これらの対策を続けても肩こりが解消されない場合は、枕だけが原因ではなく、身体の歪みが関係している可能性があります。

もし高槻市など近隣の方でお悩みの方は、当院のLINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t 

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-肩こり
-

© 2022 ユーカリ整体院