首の痛み

朝起きたら首が痛い! 原因から解決する正しいマットレスの選び方

朝起きた時ときに首が痛い

枕やマットレスが合っていない気がする…

こういったお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、朝起きたときの首の痛みを解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、患者さんから「朝起きたときに首が痛くなるんです…」と、お悩みの相談がありました。

詳しく聞いてみると、様々な枕やマットレスを試したそうですが、一向に身体に合う寝具がなかったそうです。

枕については、以前にも動画で解説しましたので、こちらの動画を参考にしてください↓

今回のブログでは、マットレスに注目して、首の痛みを解消する方法を解説します。

話の内容はこちら

①朝起きたら首が痛い原因
②枕だけではないマットレスと首の関係
③寝返りが楽になる2つのセルフケア

それでは話を進めますね。 

 

①朝起きたら首が痛い原因

朝起きたら首が痛い

1日が痛みで始まるのは辛いことですよね…

朝起きたときに首が痛くなる原因は寝返りをする回数にあります。

人間は、寝ている間に筋肉を固まらせないために、寝返りを行います。

しかし、寝返りがしにくい状態になっているとどうでしょうか?

身体全身の筋肉が硬くなってしまいます。

寝返りをするために大切なポイントは

背中

骨盤

この2つがしっかり動くようにすることです。

理由は、この2つがマットレスに対して体重がかかる部分だからです。

ですので、背中と骨盤部分を動かしやすい状態にすることで、寝返りする回数を増やすことができます。

今まで首が痛いということで、枕が原因ではないかと考えたのではないでしょうか。

しかし、実は枕だけではなく、マットレスから見直してみるべきだと考えます。

理由と対策を解説しますね。 

 

②枕だけではないマットレスと首の関係

マットレスには様々な種類がありますよね。

寝転がった時に1番体重がかかるのが背中と骨盤部分ですが、マットレスがへたって沈んでいませんか?

長年使っていることで沈んでしまうと、身体の身動きが取りにくくなります。

ですので、こういった場合は、普段使っているマットレスの表裏を逆にしてみてください。

そうすることで、身体が深く沈まなくなります。

元々、柔らかいマットレスをお使いの場合は、買い替えを検討した方が良いと考えます。

新しいマットレスを選ぶときは、身体が深く沈まないかということを確かめてみてください。

多くの方がマットレスを硬さだけで選んでしまうのですが、ポイントは寝返りがしやすいかどうかです。

よく、マットレスは硬すぎず、柔らかすぎない方が良いと言われますが、判断しづらいですよね。

大丈夫ですよ。これには2つの動作で確かめることができます。 

 

1.寝心地

まずは、寝心地です。

仰向けになったときに、心地よい柔らかさかどうか判断してみてください。

このときは、気持ち良く寝れそうかという判断だけで結構です。

この寝心地で、硬すぎないマットレスを選ぶことができます。 

 

2.寝返り

次に、寝返りをしてみてください。

このときに、寝返りがしにくいようであれば、マットレスが柔らかすぎます。

家具屋さんに行き、色々なマットレスで寝返り動作をして、比較するようにしてみてください。

こちらを行うことで、柔らかすぎないマットレスを選ぶことができます。  

 

実は、私もかなりこだわりがあって、絶対に身体に合うマットレスを見つけるために、家具屋中のマットレスに寝転びます。

店員さんには不思議そうな目で見られますが、長く使うものですから慎重に選びたいですよね。 

寝返りがしやすいマットレスになれば、今度は体重による負荷がかかる背中と骨盤部分を動きやすくする必要があります。

それでは、セルフケアで寝返りがしやすい身体作りをしていきましょう! 

 

③寝返りが楽になる2つのセルフケア

それではセルフケアです。

セルフケアでは

背中(特に肩甲骨)

骨盤

を中心に柔らかくしていきます。

セルフケアは動画でわかりやすく解説しています。こちらを参考にしてください。

↓(セルフケアは動画の3分14秒〜) 

セルフケアで大切なポイントは

動かすポイントを意識する

ゆっくり大きく動かす

です。1日2回、朝と晩の1回ずつ行ってくださいね。 

 

まとめ

朝起きたら首が痛い原因は、枕やマットレスが合っていない可能性があるということでした。

今回は、正しいマットレスの選び方について解説しました。

さらに、寝返りをしっかりするために、体重による負荷がかかる背中と骨盤を緩めるセルフケアを解説しました。

これらの対策を続けても、朝起きたときに首の痛みが解消されない場合は、他にも原因となる身体の歪みがある可能性があります。

お悩みの方は当院のLINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-首の痛み
-

© 2022 ユーカリ整体院