手の痛み

つまみ動作で痛くなる指。意外な原因と解決方法

つまみ動作や書類を持つときに指が痛

こうしたお悩みはありませんか?

今回のブログをご覧になることで、つまみ動作をする時の指の痛みを解消することができます。

お悩みの方の参考になりましたら幸いです。 

皆さんこんにちは。

高槻市で整体院を営んでおりますユーカリ整体院の樋口です。

このブログを書いたきっかけなんですけども、患者さんから、「仕事で紙などの書類を持つことが多くて、指が痛いんです…」と、お悩みの相談がありました。

詳しく聞いてみると、「今では、指に触れるだけで痛みがあります…」ということを教えていただきました。

仕事で指を使わないといけないのに、痛みが続いているのはつらいですよね…

今回は、「手をあまり使わないようにしてください」なんてことは言いません。

痛みの原因から解決方法までを詳しく解説していくので、一緒に解決していきましょう!

話の内容はこちら

①指の痛みが治りにくい理由
②手の指に負担がかからない3つのポイント
③かかる負担を軽くするためのセルフケア

それでは話を進めますね。 

 

①指の痛みが治りにくい理由

まずは、指の痛みについては様々な種類があります。

例えば

・腱鞘炎

・ドケルバン病

・ばね指

・リウマチ

・へバーデン結節

今回は、1つ1つ解説していると見飽きてしまうと思いますので、つまみ動作で起こる指の痛みに絞って解説していきますね。

指の痛みがなぜ起きるのかというと、手の指には筋肉量が少なくて、負担に耐えられないからです。

よく見るイラストでは、筋肉は赤色で記されてあって、骨は白くなっていますよね。

というのも、筋肉の中には血液が十分に通っているため、赤くなっているんですね。

反対に、骨には血液が十分に通っていないので、白色になっています。

※正確には、骨の中に通っているのですが、表面上では確認がしにくいのです。

そして、筋肉は伸び縮みするのに対して、骨には柔軟性がありません。

したがって、筋肉を痛めるよりも、骨を痛める方が治りが遅くなる傾向があるのです。

そして、手の指に筋肉が多く存在しない理由は、骨の数を増やして細かな動作をするためです。

ですので、くり返す負担に耐えられるほどの構造を持っていないのです。

しかし、身体の使い方を変えるだけで、手の指にかかる負担を軽くすることができます。

詳しく解説しますね。 

 

②手の指に負担がかからない3つのポイント

手の指を痛めてしまう原因は…

背中の筋肉が働いていないからです。

身体は、中心にいけばいくほど筋肉量が大きくなります。

理由は、大きな力を発揮して身体を支えるためです。

ですので、身体の使い方によっては、筋肉量が少ないところに負担がかかってしまうのです。

特に、手の指を動かすときには、背中の筋肉を働かせる必要があります。

そんな身体の使い方1つで、手の指にかかる負担を軽くする方法を3つお伝えしますね。 

 

1.姿勢を伸ばす

背中が丸くなって姿勢が悪くなっていると、身体の前側の筋肉を優先的に使うようになります。

背中の筋肉を働かせるためには、胸を張って姿勢を伸ばす必要があります。

気づいた時には意識してくださいね。 

 

2.身体の近くで持つ

物を持つときに身体よりも遠くで持ってしまうと、身体の中心にある背中の筋肉が働きにくくなります。

ですので、なるべく身体の近くで持つことを心がけてみてださい。 

 

3.物を持つときに脇を締める

物を持つ時に脇が開いてしまっていませんか?

実は、背中には脇まで伸びている筋肉があります。

したがって、脇が開いてしまうと、背中の筋肉が働きにくくなるので、脇を閉じるということを心がけてみてください。 

 

以上の3つになります。

当てはまっていることがあって、ドキッとしたのではないでしょうか。

でも大丈夫ですよ。このように身体の使い方を変えて、今回紹介するセルフケアを行うことで、随分と手首の負担が軽くなります。

次に、セルフケアを一緒に試してみましょう。 

 

③かかる負担を軽くするためのセルフケア

セルフケアでは、背中の筋肉を働きやすくするということを目的に行います。

動画を見ながら一緒に試してみてください。

↓(セルフケアは動画の3分23秒〜) 

こちらのセルフケアは1日2回。朝と晩の1回ずつ試してみてくださいね。 

 

まとめ

つまみ動作で痛くなる、手の指の痛みを解消する方法を解説しました。

ポイントは、背中の筋肉を働かせるということでしたね。

こちらの対策を3つお伝えして、セルフケアを一緒に試しました。

これらの対策を続けても、手の指の痛みがなかなか解消されない場合は、背中の筋肉が働きにくくなっているほどの、身体のゆがみがある可能性があります。

お悩みの方は、当院LINEからご相談ください。

https://lin.ee/g4N3M4t

 

 

監修:樋口亮太/柔道整復師

-手の痛み
-,

© 2022 ユーカリ整体院